PEP 「あなただけ」の「世界に一つ」を

カレー

 

 

大好きなんですよ、私。

大低の方がそうだと思います。

国民的な食事ですよね。

しかし大人になってから、スパイスからじっくり作ってくださったカレーを食べるとお腹が痛くなるようになってしまいました。。

あとはどうしようもない胸焼けでが追い討ちをかけてきます。

好きなものを食したあとにそんなものに追いかけられるなどあってたまるか!!

そう思った私はカレーリベンジ!などと言い、カレーを自宅でスパイスから作る友人とお外に食べに行きましたが結果は同じ。

気合でどうにかなるものではないと反省したのであります。

原因はなんなんだろう?とネットで調べると
☆胃腸への刺激
☆カプサイシン(唐辛子の辛味の成分)
☆ウェルシュ菌
などなど

考えられうるのは最初の☆でしょうな。

確かにお腹が弱くなったような…

強くするにはどうすればいいんでしょう??

誰か教えてくださいな。

 

 

 

人の顔

これは作りの話ではなく、人には色々な面の顔がありますよね的なお話です。

☆一人の時
☆親しい人といる時
☆仕事や勉強をしている時
☆緊張している時

どれにも正解はなく、自分流で良いと思います。

ただ、

疲れることはありませんか?

勝手にキャラ付けられてその顔でいるでしか自分でなくなったりすること、私には経験があります。

数日悩むこともあります。

いちいち誰かに相談するタイプではないので尚更なのかもしれません。

商品を作っているときはとても素直な気持ちなのでそこにうそはないのですけどね。

だから、ブログを再稼動したことをきっかけに素直な自分でいようと思いました。

商品はユニークが多いですけれどブラックな話もしていきたいなって思うんですよ。


たとえば


自殺。


これは正解も不正解もない気がします。

地位も名誉もお金もある方が亡くなるケースも大いにあるわけです。

遺書の有無はあまり関係ない気がします。財産分与などは別としてです。

亡くなる決意を固めてしまった方に、これまで楽しかったこと、今こんなことで辛いんだってこと、全部を100%、綴れる、そんな器用な方って少ないと思うんです。

衝動的な尚更ですね。

だからキャラ付けは怖いと思うわけです。

人はいろんな細胞だの遺伝子だので個性を持って生きているわけなので

こんな自分は隠そう、その方が今の関係を壊さずに済む…などと考えてしまうこともあるものでしょう。

息の詰まる人生が多くを占めてはいけないと思うのであります。

視野を広げることを私自身も身近な人、少しでも会話の持てる関係のある人に持ちたいと、その気持ちで接したいです。


 

 

 

新作紹介

 

しばらくブログをさぼっていましたうちに
「PEP裁縫部」
ができました。
…といってもPEPは私一人なので私が作っています。

下のお写真はターバンですね!

ゴムが入っていますので装着は簡単でございます。
柄はレトロなビールラベルですの。
派手でも良いんじゃないですか??

 

 

そしてそして
また新しい分野も発足しました。
「PEPアングラ部」
でございます。
普通にはあまり作らない、予算をあまりかけずに自由な発想で作るって感じのものです。

それが下のお写真です。 
恐竜がスケボーに乗っているキーホルダー、バッグチャームなど、好きに使って欲しい商品です。

ユニークが過ぎるくらいがちょうど良い作り手ですの。

「え、それなに?可愛い」

なんとお言葉をもらったら是非教えてくださいませね!

@aki_pep
でインスタグラム、ツイッターやっています。画像ももっとわかりやすくアップしていますので欲しくなってください(笑)

 

 

 

 

 


Top